コーヒーの豆知識

コーヒー豆200gで何杯飲める?カップの大きさで変わってくるよ!

2020年5月25日

挽いたコーヒー豆

コーヒー豆、200gを買って何杯コーヒーを飲むことができるのか

だいたい、1杯当たり10gを目安に考えると良いかもしれません。

ただし、コーヒーカップの大きさやあなたの好みの味によって違ってきます。

今回は、おおよその目安についてお伝えします。

豆屋杜のくまオンラインショップはコチラ

コーヒーカップなら10g、マグカップなら20gを目安にする

豆の入ったメジャーカップ

1回あたり10gを目安にすると、コーヒーの抽出量は120~130mlです。

コーヒーカップ1杯分の量となるため、約20杯分に相当します。

コーヒー豆を計量する、メジャーカップ1杯が約10gとなっています。

コーヒー豆、10gに対し、お湯の量を約160ml注ぐと丁度良い平均的な量になると言えます。

マグカップでたくさん飲みたい人は倍にする

コーヒー,マグカップ

中には、一度にたくさん飲みたいという方もいます。

マグカップで飲みたい場合、コーヒー豆20gを目安にすると、抽出量は250~260mlとなります。

10gメジャーカップで2杯分を目安にすると、丁度良い平均的な濃さのコーヒーを作ることができます。

薄味が好みなら7~8gと量を減らしてもOK

市販のドリップ

コーヒーの薄味が好みの方は、あらかじめ豆の量を減らすと対応できます。

市販のティーバッグには7~8gの種類が多くあります。

自分の好みで調整しましょう。

だいたい、

  • 1杯7gなら28杯分
  • 1杯8gなら約25杯分
  • 1杯10gなら約20杯分
  • 1杯20gなら10杯分

飲むことができます。

大切なのは、自分に合った飲み方で、楽しく飲むことです。

さいごに

メジャーカップ

コーヒー豆、200gでも飲む方のコーヒーの好みによって変わってきます。

薄味が好みなら、コーヒー豆の量を減らしても構いませんし、マグカップでたくさん飲みたいなら量を増やすこともできます。

自分の好みの味に合わせることができるのが、200gでの量単位の購入です。

200gは必ず〇杯!という決まりはないので、自分に合った飲み方でコーヒータイムを楽しみましょう。

豆屋杜のくまオンラインショップはコチラ

自宅で本格的な美味しいコーヒーを飲んでみませんか?

コーヒーを入れている様子豆屋杜のくまでは、新鮮さ、味にこだわって焙煎を行っています。

出来立ての美味しいコーヒーをご用意しております。

リラックスした時間の提供をお約束いたします。

是非、1度ご覧になってみてください。

豆屋杜のくまオンラインショップはコチラ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

豆屋杜のくま店主 谷津

自家焙煎の美味しいコーヒーを取り揃えております。カフェインレスコーヒーもございます。 是非、自宅で美味しいコーヒーをお楽しみください。

-コーヒーの豆知識
-,